こざ

ドラマの感想から入ったのにだんだん雑多になった人

『アンナチュラル』を見ろ

YouTubeの過去作ドラマ無断転載のコメント欄に、「最近のドラマ面白くない。昔の方が良かった」と書き込んでいるやつ、『アンナチュラル』を見たことがあるか。カフェで「石原さとみ可愛いよね〜!」と話しているやつ、『アンナチュラル』を見たことがあるか。カラオケでLemonを歌ってるやつ、『アンナチュラル』を見たことがあるか。結婚式の余興でLemonを歌っているやつ、お前は『アンナチュラル』を見ていないな。ていうか、アンナチュラル見てなくても、Lemonの歌詞の意味受け取ったら、結婚式で歌おうとは思わなくないか?なんですか?あなたは米津玄師ですか?

 

 

「不自然死究明研究所(英:Unnatural Death Investigation Laboratory)=通称"UDIラボ")」で働く人々の人間ドラマを中心に描きながら、毎回さまざまな「死」を扱いながらも、スピード感と爽快感を持って、「死」の裏側にある謎や事件を明るくスリリングに解明していく、1話完結型の法医学ミステリードラマ(※ほぼ公式サイト引用)『アンナチュラル』が8月からAmazonプライムこと、アマプラで配信されることになりました。

 

難しいことは言わないので、全人類見てください。人類が地球に生まれた理由は、アンナチュラルに出会うためなので、早いとこ出会ってください。"アンナチュラルを知る=生きる"なのでさっさと見てください。正直な話をすると、アンナチュラルを見てないのにLemonを歌ってるやつは、アンナチュラルを知った側の人間に、殺される可能性があるので、自分の命ためにも早く見てください。

 

 

 

さーて、さて。難しいことは何ひとつ言わない!アンナチュラルのここがヤバい!

 

石原さとみ

本作の主人公、法医解剖医で執刀医の三澄ミコトを演じるのが、そう石原さとみ。あなたはどの石原さとみが好き?と聞かれたら、私は食い気味で、アンナチュラル三澄ミコトと答える。皆さんは、さとみに対してどのような印象を持っていますか?(アッ私は石原さとみさんのことを敬意と感謝を込めて「さとみ」と呼んでいます)『リッチマン、プアウーマン』ブ、ブ、ブラジルデスヨ!?シッテマス!?!??チキュウノウラガワノズーーーーットズーーーットの夏井真琴ですか?『失恋ショコラティエ』のあざとい上目遣いサイコパスの高橋紗絵子ですか?『シン・ゴジラ』のガッッヅジィーーーーーラですか?今ちょうど失恋ショコラティエの再放送がうちの地域でしているんですが、さとみのあまりの可愛さに鼻血を出しています。松潤そこ代われ。

でも私は、アンナチュラルのさとみが世界一好き。なぜかというと、さとみ演じる三澄ミコト、さとみ100%の可愛さが出てるんです。それはもう、ナチュラルなさとみ。さとみって"役"としてキャラを作りこんでるという登場人物を演じることが多かったと思うです。そう、アンナチュラル。本人の素の感じからしたら、不自然。それがこの、アンナチュラルの三澄ミコト、特別に、かわいこぶらない、カッコつけない。ごくごくただのそのままの石原さとみとして、人間として存在してる。誰もが、こういう石原さとみ見たかったッッッッッッッッッさとみ好きッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッ!!!!!!!!!!!!ってなる。

石原さとみってかわいこぶってて苦手〜」って言ってくる人には、問答無用でアンナチュラルを口に押し込みましょう。

 

Lemon

この日本に住んでいて、聴いたことがないという人がいないであろう大ヒット曲、米津玄師のLemon。でも、君はLemonのことを本当に"理解ってる"のか。アンナチュラルを知ったものが語るLemonと、アンナチュラルを知らないものが歌うLemonは、夏と冬くらい違う。

例えば、サビの「あの日の悲しみさえ」の場合。アンナチュラルを知らないものは、クレしんのみさえをクソコラとするが、アンナチュラルを知るものは、何も言わずに唐揚げにレモンをかけられたときの悲しみレベルで泣く。「未だにあなたのことを夢にみる ヴェッ」の場合。アンナチュラルを知らないものは、誰かがカラオケで歌うたび「未だ〜に あなた〜の ことを〜覚え〜ている〜」「ヴェッ」と合いの手をするが、アンナチュラルを知るものは、「未だにあなたのことを覚えている…… ヴェェェェェェッッッ(嘔吐)」になる。外国人の方が手をひらひらさせてるMVのラスサビの場合。アンナチュラルを知らないものは、カラオケで歌っている人の真後ろのソファに立って手をひらひらさせるが、アンナチュラルを知るものは、手が震えすぎてむしろダンスのキレがよくなる。これくらい、アンナチュラルを知らないものと知るもので、感じてる印象が違うのだ。まとめると、アンナチュラルを知ったあとは、今までみさえのクソコラで笑ってたのが笑えなくなるし、ヴェッが嘔吐になるし、手の震えがキレキレになる。でも、みさえのクソコラを初めて見たときは笑った。

ともかく、Lemonはアンナチュラルのキャラソンである。Lemonがささるオタクは、とにかくアンナチュラルを見てくれ。Lemonを推しカプのイメソンにしているオタクは、とにかくアンナチュラルを見てくれ。ささる。死ぬ。殺される。というかLemonの本家、アンナチュラルを見ないで創作にLemon使っているのは原作読まずにタイトルの雰囲気で創作してるのと一緒だから、創作するなら本家もよろしくして。

そして、Lemonはアンナチュラルの演出である。Lemonがながれることにより、「死」が、より「生」となる。気づたら、「夢ならばどれほどよかったでしょう」のY音で涙腺崩壊している。Lemon百人一首があったら、秒で札を取れるレベル。

さらに、アンナチュラルには、井浦新演じる中堂系という登場人物がいるのだが(多くは語らないから自分の目で確かめてくれ)、正直な話、中堂系以上にLemonが似合う人間にあったことがない。中堂系を知ってしまったら、もう中堂系を知る前のLemonに戻ることはできない。ほらほら、そこの君、中堂系を知る人間になろうじゃないか。

結婚式の余興でLemon歌うやつには、問答無用でアンナチュラルを口に押し込みましょう。そして、失恋ソング特集にbacknumberと並べてLemonを流したテレビ局にも、問答無用でアンナチュラルを口に押し込みましょう。

 

 

ここまで、とにかく世間に知ってほしい、アンナチュラルの石原さとみとLemonについて書いてきたが、正直アンナチュラルのヤバいところはまだまだある。

・未来人かよ、野木亜紀子先生による巧みな脚本

・1話から張り巡らされた伏線

・1分1秒無駄のない展開

井浦新演じる中堂系

・美しすぎる「死」と「生」の演出

・心を揺さぶる音楽

・美味しい食べ物

・Lemonの擬人化中堂系

・中堂系の擬人化Lemon

・社会に訴えかける「怒り」

・報われない選手権世界一窪田正孝演じる久部六郎

・報われろ中堂系

・同僚にください、市川実日子演じる東海林夕子

・上司にください、松重豊演じる神倉保夫

・上司にはしたくない中堂系

・中堂系とおともだち、竜星涼演じる木林南雲

・中堂系

・中堂系

・中堂系

などなどなど。とにかくヤバい。

 

 

しかも、このアンナチュラルは連ドラ初心者に優しい1話完結型。全10話。全部見るのはさすがに無理、、、、、という人でも、とりあえず1話から始められる。1話だけでも、もちろん作品の面白さは分かる。まあ、そのあと続けて見るかどうかはあなた次第ですがふふ。

ちなみに、私のフォロワーのフォロワーさんや、フォロワーのフォロワーのフォロワーさんは、アンナチュラルを2日で完走したとか、深夜にイッキ見したとかいう、飲酒運転ばりの危険行為をしていました。言っておきますが、アンナチュラルの一気飲みはたいへん危険です。週一、3ヶ月にわたるアンナチュラル摂取をしたリアタイ勢ですが、普通に危険でした。皆さん、どうかお気をつけて。

 

 

とにかく、アンナチュラルを見てくれ。これ以外の言葉はいらない。見てくれ。アンナチュラルを見ることで、あなたの人生はより豊かなものに、より地獄へ、より「生きる」ということを強く感じるでしょう。

 

 

さぁ!8月はすぐそこ!君の夏はここから始まる!

 

 

 

(※この文章は過激なオタクでお送りしました)

(※米津さんがLemonを作った背景(祖父の話)のことは頭に入っております)

週2の星野源は脳がバグって無理

星野源。この男をご存知だろうか。という質問は、もうすでに死語である。星野源という男は、ここ数年で全国統一を成し遂げ、現在世界征服の真っ最中だ。だから街中の人に突撃インタビューして「星野源って知ってますか?」と聞いても、「あー星野源?何その今更な質問。俺のことバカにしてるの?」と答えが返ってくる。敬語使え。

 

そんな世界各地に音楽を広げまくってる星野源が、現在地上波で週2で拝めることができる。だが、その週2の星野源のギャップが頭おかしすぎて、バグっている。たいへんにバクらせてしまっている。このままバグり続けると、脳内おかしくなって駅前で恋ダンスを踊ってしまう。星野源め。

 

 

さて、そんな星野源が拝めるのは火曜金曜。火曜の星野源こと津崎平匡は、彼女いない歴35年自称独身のプロと言いつつその言葉を言い訳に逃げ従業員であるみくりを悲しませてたりしなかったりしていて俺のみくりをどうしてくれるんだで定評のある星野源。金曜の星野源こと志摩一未は、よく分からんが何か闇過去がありときおり闇過去を匂わせ冷静かつ慎重に見てて何かスイッチが入るとハチャメチャに叫び車でヒャッハーする星野源だ。これで両作品を見ていない方にも伝わっただろうか。この文書を打ち込んでいるだけで脳がバグっている。

 

 

津崎平匡「僕はプロの独身ですからッ」

志摩一未「あッぶないだろッッッッッッ💢💢!!!!!!!!!!」

津崎平匡「あっちもこっちもどうしたら!」

志摩一未「すきとか〜きらいとか〜そういうあれで〜〜〜〜〜〜〜」

津崎平匡「しッしますればしまするときッ」

志摩一未「済まないんだよッッッッッ💢!!!!!!!!!!!」

津崎平匡「マッ、ムシがいます」

志摩一未「俺までマウント取っちゃったじゃねぇかッッッッッッ💢!!!!!!!!!!!!」 

津崎平匡「アッミナイデッ」 

志摩一未「クソォッ💢!!!!!!」

津崎平匡「全くもうッ…みくりさんはッ…すぐにッ…突飛押しもないことを言い出すゥッ……」

志摩一未「生きてるかァァァア!!!!!!!」

 

 

 

………………バグっているたいへんにバグっている。星野源とは……………星野源とはいったいなんなんのだ………………………

 

そしてこの2人の星野源の問題は、2016年の星野源と2020年の星野源を、2020年の今、同時に見ているということだ。

 

さてここで、2016年の星野源と2020年の星野源を比較してみよう。


f:id:kozaab:20200627193750j:image


f:id:kozaab:20200627193755j:image

お分かりいただけただろうか。確かにどちらも星野源である。どちらも星野源なのだが、画像からもわかるように、どちらも同じ星野源ではないのだ。2016年の星野源はどこからか奥手なポメラニアンを感じるが、2020年の星野源はパーマってる。逃げ恥4話で、「カッコよくなきゃパーマなんてかけられません」というセリフを平匡が言ってるのだが、星野……………………お前………………カッコイイの自覚あるんか…………………くっそ…………お前はカッコええぞ……………………

 

 

そんなかっけぇの自覚をもった星野が踊る恋ダンス特別バージョン。世界一混乱したのは、6月23日の逃げ恥6話放送のことだった。

 

キスする平匡

目を丸くさせたみくr

 

デーッレデレデレッ

デーッレデレデレッ

デーッレデレデレッ

デーッレデレデレッレッ

スパンッ

ズパンッ

ズッパンッ

ジャパンッ

ターターターッ ドゥンドゥンドゥン 

デレッ

 

おい、マムシドリンクにワタワタしてた(おかげでみくりは傷ついたんやぞ)平匡はどこいった…………………何勝手にキスしたかと思ったらどうしたんだよ………………ふざけんなよ……………………………あれから4年経って、どうなっちまったんだよ…………………………………丸メガネかけて平匡装ってるが、平匡は丸メガネじやねぇ…………………………………なんでテロテロな服でしゃもじ持って歌ってんだよ……………………………それはもう津崎平匡じゃねぇ…………………………………俺の愛した平匡はどこへ…………………………………………………

 

youtu.be

みくり「焼いたキスです」

平匡「ゴホッゴボッ」

おう、そのわかりやすい戸惑い、お前は俺の愛した津崎平匡じゃねぇか……………愛しとーよ…………

 

youtu.be

志摩「バカバカバカバカ!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

ひらっ…じゃねぇえええええ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!おいおいおい、さっきまで2回目のキスのタイミングわからないとかなんとか言ってたやつがおいおいおいおい!!!!!!!!!!!!!バカを連呼してるが、勝手にキスしたのはそっちやぞ?????????

 

 

3日後。

志摩「タダのバカだと思ったら、野生のバカでした。刑事の常識から教えなくちゃならない(んーま)」

は?????何そのんーま。口紅つけたの???????????唇をんーってしないでくれる??????????????????かわいいなぼけぇ。カーチェイスかっこよかったぞ。

 

 

youtu.be

平匡「言えるはずがない、調子に乗ってキスしてしまったなんて」

は????????????????

 

 

 

星野源怖すぎ。アッ津崎平匡も志摩一未も星野源ではねぇのか。ごめん、今の話全部なしで。

ジャニーズから5万円請求されそう

このコロナ禍の中、ジャニーズ事務所が、『Johnny’s Smile Up Project』と題し、YouTube配信をしたり、医療従事者に寄付をしたりしている。1年前の私に、来年ジャニーズがYouTubeに動画あげまくるで!公式Twitterもできるで!と言っても、全く信じないんだろうなぁと思う今日この頃でございます。そんな令和の時代に追いついてきたジャニーズ事務所、今週から有料ライブ「Johnny’s World Happy LIVE with YOU」の配信が始まりました。

 

 

今回の配信、各グループごとで、配信日が違うのですが、私は長年、嵐のオタクをしているので、彼らのライブが配信される16日のチケットを買いまして。ワクワクしながらその日を待っておりました。

 

 

6月16日PM20:00

ペンラよーし!端末よーし!Twitterよーし!自分の身体よーし!叫ぶ準備よーし!楽しむぞー!

 

 

6月16日PM21:38

は?????????????????????????????????????????????????????

 

 

 

は?今何が起こった????確かに、16日のチケット買えば、嵐だけでなく、V6、キンプリも見られると聞きました。はい。でも、私は2500円しか払ってないんですよ????????????何????あとで5万円請求されるの?????????????

 

 

 

16日の配信を見ていない方に、この「は?」を分かりやすく説明しますと、焼肉店で一人前の肉頼んだだけなのに、焼肉全種が無料で食べ放題。しかも隣の席に1人焼肉しているタッキーがいて、そのタッキーとたまたま目があい、そのまますってんころりんといった感じです。ほら、5万円請求されるのかな?って思うっしょ。

 

今回、16日で披露する順番は、V6、キンプリ、嵐だったので、私は嵐まで待ってたんですよ。気楽に見とくかー、と思った私が馬鹿だった。

 

 

太一くんに「奇跡のおじさん」と紹介され登場したのがV6。登場、0.0000001秒でどこがおじさんだよ、ぼけぇ!!!!!!!!どこがおじさんなの??????????あんなに歌って踊れるおじさんむしろ何???????????おじさんの定義くれよ!!!!!!!!!!!!!!とかいう私は、この自粛期間でYouTubeで配信されていたV6をこれでもかと堪能して、その勢いで円盤ポチッたチョロいオタクなのですが、やべぇ……………V6ヤバすぎ…………………YABAI……………………YAZAWA………………………初っ端、爽やか曲新曲ぶち込んできたと思ったら、そこから怒涛のシングルラッシュ。おいおいおい、ここは本当に横アリなのか???????ケーキバイキング会場じゃないのか???????????ていうか、めちゃくちゃ坂本くんと目が合うんだけど、坂本くん、私のこと見えてるよな?坂本ーーー!!!!!!!愛してr………………ファッ?????????????何このバチくそイケメン曲………………ちょっとまって………ギャップが追いつかないんだけど…………………これが世にいうギャップ萌e……………………………新曲か…………財布の紐緩めとこ………………………あーーーー!!!!!見た!!!!!!!!!!!また坂本くんこっち向いた!!!!!!!!!!私、ひょっとしなくても坂本の嫁………………………とりま三宅くんの前髪どうした性癖ヴェッ…三宅くんあんた不老不死の薬持ってるだろ…………歌上手っ…「みんな〜もちろん覚えてるよね〜〜〜僕たちと一緒に踊ってみようじゃないの〜〜〜〜〜」「はじめまし手〜」あ??????????????????????出たよWash your hands……………耳からこべりついて離れないウイルスことWYH………無駄に略称カッコイイのなんでだよ…………照れてるの可愛いな森田……………みんなのハートにずっきゅんキンプリ……………お前らEテレに就職するんか嵐……………………一生君たちわちゃわちゃしててくれ………………次はキンプリかーーーーー!!!もう2500円使い果たした感あるから、今度はキンプリ分の請求書くるんかな…………覚悟しt…ギャァァァァァァァァァアアアア!!!!!!!!!!!岸くんのビジュアル銀河!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!銀河の岸くんビジュアル太陽!!!!!!!!!!!!!!!!!!!はーーーーーーーこんなのシンデレラになるしかねぇ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!今まで非オタの友人が急にキンプリに沼って、急に平野きゅん私の彼氏♡って言い出した理由がわかった!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!これは彼氏!!!!!!!!!!!!!!!!!!!私も今日からキンプリの夢女になる!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!今頃、キラキラ王子様に、オタクと同じく天を仰いでるV6兄貴の姿が目に浮かぶ………………V6兄貴ことにぎやかフーフーおじさん…………………好きやで…………………ヤバいもうすぐ嵐がくる………嵐がくるのに、すでに満足感がおかしい………………………すでに死んでるのに、まだ死ぬのか………………………………俺はもう死にたくn…

……

………

………………………

………………

…………

…………………

……………

………

……………………

……

………

……………………………………………………………

…………………………………………

……

………………………

……………………………………………

…………………

……………

 

 

 

 

6月16日PM21:39

とりあえず全国の液晶画面に、キンキのWYHをハイジャックしたいな

 

私だってマスクに殺意、持ちたくなかったよ

皆さんこんにちは!こちら、今週から休校が明け、毎朝5時半起きして、最寄り駅まで片道40分、チャリで爆走しているものです!田舎クソすぎ!先週まで、昼夜逆転生活、家から1歩も外に出ない完全ステイホームタイプの社会貢献を1ヶ月以上続けるという、ニート試験採用まっしぐらを突き進んでいたものですから、さすがに死ぬかと思いました。よく死なずに一週間耐えた。偉いぞ自分!

 

 

さて、このコロナ禍の世の中、「マスク」とかいう布が、私たちの人生を狂わせているわけですが、皆さんは、例のマスク届きましたでしょうか。我が家はまだ届いていません。早く届かないかな〜〜〜〜〜〜〜〜〜壁にでも飾りて〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜額縁〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(どんだけ〜の発音)

 

そんなマスクっていうのは、口元隠したい芸人にとっては、ちょーありがたいアイテムなんですよね。口元が隠せるってことは、何ができるかっていうと、口パクで歌っててもバレない。授業中、暇なときに「言いたいことがあるんだよ!ジョンソン(ALTの先生)やっぱり可愛いよ!」とかいう、ガチ恋口上を口パクで叫んでてもバレない。おかげで、睡眠の間に授業を受けるとかいうことはしなくて済んでいます。ありがとうマスク。

 

どう考えても本来の目的とは違う用途で私の役に立っているマスク先輩ですが、最近私は、そんな先輩に殺意を抱くようになりました。

皆さんも薄々気づいてると思うんですけど、先輩って、急にやってきた夏に対して、上手いこと対処しきれてないんですよね〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!先輩に弱点なんてないと思ってたけど、夏弱点すぎる。一撃で死ぬやん。普通、いつも助けてくれるかっけぇ先輩の弱点を知った瞬間、え〜〜先輩かわいい〜〜〜〜〜〜♡ってなるじゃないですか。マスク先輩ごめん、まっっったくかわいくないんだわ。

 

先輩のせいで、もう朝から地獄。なんせチャリで爆走してるんだから、ただでさえ息上がってんの。それなのに、駅に付いたら風の速さで先輩つけないといけないじゃん?いや、死ぬし。酸素足りねぇ。酸素ボンベ持ち歩きてぇ。

そっから、三密電車に乗るっしょ?空気の流れ悪すぎワロタ。必殺ソーシャルディスタンス放ちたい。あとこれは、先輩と何ひとつ関係ないんだけど、なぜか、中学の同級生に朝から二の腕揉まれる。その同級生、先日授業でカエルの解剖したらしく、めちゃくちゃテンション高かった。やべぇ。だからって二の腕揉むんじゃねぇ。

 

まあここまでは、まだ映画のOP。具体例出すと、「俺の名前は、高校生探偵工藤新一」くらい。こっからの先輩と共に過ごす授業が地獄なんだって。

電車、くっそ三密だっていうのに、授業はソーシャルディスタンスをどうにかこうにかして保とうとするから、広い教室に移動して、ほとんどの授業を行ってるんですよ。ここで問題発生!広い教室、なんと、なんと、エアコンがついてねぇ!!!!!!!!!バッカじゃねえの(CV星野源)!?!?!!!?????!!!!!!!!!!?!!はぁ?????殺す気??死ぬの?????死ぬのか???????????窓ガン開きで換気完璧状態だけど、いやいやいや。入ってくる風さん、めっちゃ生ぬるい。夏とかいうやつが、風さんをめっちゃ生ぬるくさせてる。控えめに言わずともクソ。

これだけでも地獄なのだが、この地獄をさらに地獄にさせてる教科がありますね。じゃあ、みんな!!!!!!!!!お姉さんと声を合わせて、呼んでみよう!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!せーの!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!\\\\\\体育!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!//////

バッカじゃねぇの(CV星野源)(2回目)!!!!!!!!!!!!!!!!!さすがに授業中は、先輩とは別れてますよ。何が地獄って、そのあとの普通授業。今週金曜、体育のあと現代文だったんだけど、死を覚悟したよね。エアコンねぇし。真面目に作者の気持ち読み取ってる場合じゃねぇ。でも、先輩はしないといけないじゃん?

滴る汗………………………………酸素があまりに吸えなくて激しくなる呼吸………………………………………………密着する先輩………………………………跳ね返ってくる自分の息……………………………………………いくら抵抗しても決して離れてくれない先輩………………………………………………………………………せんぱ……

 

 

 

 

 

次号へ続く!お楽しみに!

 

 

とりま、コロナどうにかならねぇかな

今更ながら、私が『逃げ恥』にどハマりした理由を素因数分解してみた

新型コロナウイルスの影響で、空白となったドラマ枠を各局が再放送ドラマで埋めている今日この頃。TBS火曜10時枠では、『逃げるは恥だが役に立つ』の再放送が始まった。

 

私は重度の『逃げ恥』オタクだ。どれほどヤバいオタクかというと、すでに各話20回以上しており、1人逃げ恥ができるくらいにはセリフを暗記。当時の放送を、見る用と保管用(×2)、友人に送りつけた用(×4)とBlu-rayにダビング。年末によくやっている再放送を毎回録画してはダビング。円盤、原作全巻、シナリオブック購入済み。家族旅行で関東に行ったのに、途中から完全単独行動で横浜聖地巡礼。オリジナル逃げ恥ノートなんていうのを作り、感想や考察を殴り書き(棚の奥に潜んでいたのを先々月見つけた)。それだけでは抑えられなくなり、逃げ恥HPにある公式の掲示板に、毎日感謝の意義を投稿。そして謎の自作逃げ恥カルタ…………………

ヤバい。ガチでヤバい。正直気持ち悪い。というより、当時の自分、そうとう暇だったんだな……とさえ思う。ハマったドラマ、好きなドラマというものは、今までの人生でたくさん出会ってきたのだが、たぶん私が1番お金をかけたドラマがこの逃げ恥だ。今思えば、私の貯めてた所持金がなくなっていったのは逃げ恥の時期だったし、妙に"顔が良い"と騒ぎだしたのもこのころだったように思う。そう、私がオタク化したのは逃げ恥のせいだったのだ!(責任転換)

 

さて、前置きはこのくらいにして、なぜ私がここまで逃げ恥に、ドハマりしたのだろうか。長々と自分語りをしながら、溢れ出す思いを書き出していこうと思う。(最初に言っておきます。マジで長い)

 

 

 

「森山みくり」という存在

2016年放送当時の私は、とてもみくりに似ていた。もちろん、容姿がガッキーに似ているというわけではない。新垣結衣大先生の可愛さは偉大だ。ガッキー好きです。結婚しよう。(はい早速、話が脱線)(もとに戻そう)

初回放送当時、初めて森山みくりを見たはずなのに、ひとつも「はじめまして〜」といった感覚がなかった。大袈裟に聞こえるだろうが、あれ?私ってみくりなのでは?と思ったほどだ。そのきっかけは何だったのだろうか。まず最初に、私がみくりに嫉妬したところから話は始まる。

 

初回出だし。情熱大陸のパロディでとてもコミカルに始まったと思いきや束の間、みくりは予期せぬ派遣切りにあい、そこから晴れて無職となる。みくりは冒頭、自身の妄想情熱大陸内でこんなことを語っていた。

「どんなに小さな仕事でも、真剣に取り組めば、やりがいって見出せると思うんです。」

「でもそういう不満も含めてのお給料だと思えば、頑張れるし、こう、会社に、社会に?必要とされてるんだっていう感覚が、日々の励みになります。」

 

さらに、プロフェッショナル仕事の流儀の妄想でみくりはこんなことを語る。

「誰にも見られていなくても、気づかれない努力だとしても、それでも頑張ることって、大切だと思うんです。それが、プロフェッショナル。私の仕事の流儀です。」

私だ。私なのだが、この言葉を聞いたとき、なんでここまでこの人は、こんなにも笑顔で話すんだろうと思った。

 

私はまだ、仕事というものをしたことがない、しがない学生だ。逃げ恥放送当時は、まだランドセルを背負っていた。

当時の担任は「誰か気づいた人がやる」「思いやり」の言葉をよく言っていた。みんなの助け合いで、クラスの雰囲気がどうとかこうとか。まあ、そりゃそうだ。思いやりの心を持つことは大事だ。だがしかし、「誰か気づいた人がやる」の"誰か気づいた人"とは、"誰"のことなんだろうか。正直、自分の仕事(委員会とか)以外をやるのは面倒くさい。それはみんなが思っていることだろう。そうなってくると、仕事のない作業を誰もしなくなる(めちゃくちゃ大袈裟に書いてますが、学校でいう仕事のない作業とは、黒板消すだとか、配り物配布だとか、掲示板貼るだとか、窓開けて換気するとか、そんなことかよレベルです。でも面倒くさい)。そして、誰もしなくなったら、先生に「なんで誰もしてないんだ」と、あれこれ指摘される。

当時の私は、それが面倒だった。そんなことで怒られるくらいなら、面倒な作業を自分がやる方がましだ。そう思った自分は、何かに気づいたら、いち早く行動をして、授業の準備等をしていた。もちろん「誰かがやって当然」なものなので、別に褒められるわけでもない。誰かに気づかれるわけでもない。そんなことを続けていたら、だんだんと周りに腹が立つようになっていった。なんで、誰も手伝ってくれないんだ。なんで、何もしていないのにヘラヘラしているんだ。なんで、なんで、なんで……………!そんなことを、わざわざ思ってしまう自分も嫌だった。別に大したことないのに。小さいことなのに。

 

そんなどーでもないことでイライラしてた頃(ちょうど反抗期でもありました)に、出会ったのが、森山みくりだ。上にも書いたようにみくりは、「小さな努力が何かに繋がる(要約)」と笑顔で話している。そのとき、私はどうもイライラしたのだ。なんでこの人は、キラキラな笑顔で話しているのだろうか。どうして面倒くさい、やめたいと、言わないのだろうか。理不尽な思いをしているのに、なんで"良い子"でいるのだろう。今思えば、情熱大陸などは、つらい現実を耐えるための妄想であり、誰からも褒めてもらえないなら、自分で自分を労るしかない、といったみくりの心境を察することができるものだが、当時の私は、まだそこまでの思考回路がなく、とにかくイライラしていた。本当に、とてつもなく面倒でウザい人間だ。すぐ誰かのことを妬み嫉み。4年前の私は、私が嫌いだった。

 

そんなふうに、みくりに変な嫉妬を抱きながら見ていた1話。後半、みくりが平匡にこんなことを口にする。

「誰にも認めてもらえなくても、自分は自分として頑張ればいいって、わかっちゃいるんですけど。」

ッッッッッッッッッッ…!!!!!ごめんみくり!マジでごめん!

そう、当時の私はここでやっと気づいた(遅い)。あの妄想のみくりは、無理やり、"良い子"な自分を作っているのだと。無理やり、自分の存在を、社会に必要とされたい自分を、そこに作っているのだと。(その前の百合ちゃんとの会話や、家事代行をしている様子から、みくりの気持ちを読み取ることはできると思いますが、当時の私はガチで気づかなかった。的なことを、自作逃げ恥ノートに書いてました)

 

その直後、みくりのモノローグはこう語る。

「誰かに、選んでほしい。ここにいていいんだって、認めてほしい。それは贅沢なんだろうか。」

「みんな、誰かに必要とされたくて。でも、うまくいかなくて。いろんな気持ちをちょっとずつ諦めて。泣きたい気持ちを笑い飛ばして。そうやって、生きているのかもしれない。」

泣いた。気づいたら涙が溢れていた。周りに必要とされたいと思っていた自分と重ねて。さっきまで、みくりに対して嫉妬を抱いていた自分の不甲斐なさと重ねて。このモノローグ中、みくりだけでなく、百合ちゃん、沼田さん、沼田さん、平匡さん、それぞれの人物が交互に描かれる。そうか、自分だけではないのだ。みんなそう。思ってること、侵されている立場は違えど、認めてほしいと思っているのだ。

上に書いた、当時のイライラエピソードから察せられるように、私はとても自己中心的な人間だった。なんでこうしないの!なんでしてくれないの!といったように。でも、私はその言葉を声に出したことはない。出せなかった。誰かに嫌われるのが嫌だったから。「こうしてほしい」と思っているくせに、声には出さず、頭の中で文句だけ言う。なんて自己中な人間なのだろう。なんて愚かなのだろう。なんて馬鹿なのだろう。そんな思いがふと溢れだし、涙が止まらなかった。

当時私は、逃げ恥1話を見たとき、なんて自分は馬鹿なのだろう、と思うと同時に、そうか、みんな何かしらの思いをもって生きているんだ。私だけじゃないんだ。と、何か自分にまとわりついたものが、軽くなった気がしたのだ。

 

 

 

「小賢しい」

みくりは、大学時代の彼氏(シンジくん)に言われた「お前、小賢しいんだよ」という言葉が、呪いようにみくり自身を苦しめていた。

さっきあれだけ自分語りをしたのだが、ここでまた自分語りをさせてもらおう。私もみくりと同じで、よく詮索や分析をしてしまう癖がある。それは幼少期のころからそうだった。この人は、今どんなことを考えているのだろう。どんな接し方をすれば、この人の機嫌が保てるのだろう、と。(Aというドラマが世間で注目されているのは、こういった理由があるからだろう、みたいなことを勝手に分析するのが好きなのも、そういった癖が影響しているのだと思う)。また私は、せっかちである。自分のことには極端にマイペースとなるのだが、普段の生活は、とにかく無駄をなくしたい、合理的に物事を進ませたいと思っている(=面倒なことを終わらせて、その分を自分の時間に使いたい)。だから、ちょっと上から意見や反論をしてしまうこともある。なんでこうしないの!と言ったことは声に出さず、自分の中で勝手にイライラしてしまうのに、それは違うのでは?別のやり方の方がいいのでは?みたいなことは、すぐ声に出してしまう。自己中心的で、せっかち。まぁ面倒な人間がここに生まれてきたことだ。

そう、これらをまとめて言い方を変えれば、『小賢しい』ということになるのだろう。実際、「こざちゃん、そうやっていろいろ上から言ってくるとこ、ちょっとウザい」などと言われたことがある(そりゃ、あれこれ詮索されたらイライラするよね。シンジくんや、これを言ってきた友人の気持ち分かる)(そして、ここでお気づきになった方がいるかもしれないが、私の名前「こざ」……………そうです、もう気づきましたね。3年前の自分、雑すぎないか。なんかもっと、趣のある名前にしとけばよかった)。

だからこそ、『小賢しい』と言われるみくり、自分のことを『小賢しい』と思っているみくりを見て、あ、自分のことだ…………となったのだ。自分のことを言われているようで、自分のことを痛めつけられてるようで。まるでそこにいるのは、ガッキーの顔面をもった自分。むしろ私がガッキー(怒られる前にやめとけ)。

 

最終回。そんな「小賢しい」という呪いが、ずっと自分の首を絞めていたみくりに、平匡がとある言葉を口にする。

「小賢しいってなんですか?」

「小賢しいって、相手を下に見ていう言葉でしょう。僕はみくりさんを下に見たことはないし、小賢しいなんて思ったこと、1度もありません」

ハグしたかった。私は、この言葉を聞いた瞬間、平匡さんを抱きしめたかった。代わりに、みくりが力強く抱きしめていたから満足はしているのだが(誰目線だ)。

 

また、最終回。百合ちゃんが、自分の若さに価値を見出している五十嵐杏奈に向かって、こういう言葉をかけている。

「自分に呪いをかけないで。そんな恐ろしい呪いからは、さっさと逃げてしまいなさい」

「呪い」という言葉は非常に恐ろしいものだ。自分で無意識のうちにかけることもできるし、相手によってかけられることもある。自ら逃げることができたらいいのだろうが、そう簡単に上手くはいかない。そう「呪い」を解いてくれる存在が何かしら必要だ。そんなとき、みくりには平匡が、平匡にはみくりという存在がいた。平匡はみくりの『小賢しい』という呪いを、みくりは平匡の『自尊感情が低い』という呪いを、心の壁を、解く存在へとなっていたのだ。

私は、全11話を通して、完全に2人の虜となり、みくりに対して自分と近いものを勝手に感じていた。なので、みくりの『小賢しい』という呪いに、光を差した平匡に救われたのだ。もう一度言わせてくれ。平匡さん、ハグさせてください。

 

 

 

みんなちがってみんないい

逃げ恥は、「世間の"常識"を、勝手に相手に植え付けない」ということを、根源に描いてきた作品のように思う。当時の放送から早4年。2016年の価値観と、2020年の価値観はもちろん違うし、新しく上書き保存されている。でも、この逃げ恥が描いてきた『多様性』というテーマは、4年後の今も変わらず、大切にしていくべきなものだと思う。

『多様性』とはなんだろうか。本当に、その『多様性』を受け入れられる社会になっているのだろうか。言葉にするのは簡単だけど、それを実践することはできているだろうか。行動にうつせているだろうか。言っちゃうけど、ぶっちゃけこの日本社会ってそれがものすごく、苦手なように思う。苦手というか、「固定概念」という呪いがウイルスのように萬栄している感じ。正直、100年経っても変わってるかどうか分からないくらいだ(変わっててほしいけど)。

 

ここでまたまた、自分自身の話をするが、私は「固定概念」という呪いが嫌いだ。1人行動や、1人でいる時間が好きな私は、移動教室のときも、休み時間も、1人でいることが多い。別にそのことに関して、寂しいと思ったことはない。むしろラクだと思っている。誰にも干渉せず、1人、好きな時間をのびのびと過ごせる。言い方を変えたら、上で述べたような「自分勝手」ということなのだろうが、そのスタンスは昔も今も変わらない。

でも、そんな私の気持ちも無視して、「友だち100人できるかな?」と学校側は提案してくる。どうして、"1人=寂しい"になるのか。なぜ、国語や道徳の授業でそんな教えをするのだろか。それこそ、大人が決めた勝手な当てつけではないのか。大人が持っている「固定概念」を、子どもに対してぶつけているだけなのではないだろうか。すごい嫌だった。4年前の私は、大人に反抗できる力もなく、ただただ文句を言うしかなかった。というよりも、大人の言うことが正しいんだろうな、と自分を信じ込ませようとしていた。

 

平匡は最終回、心のシャッターをガラガラしてしまったみくりに対して、こんな言葉を投げかける。

「世間の常識から言えば、僕たちは初めから普通じゃなかった。今更ですよ」

『普通』ってなんだろう。この平匡さんの言葉を聞いた当時、私はそんなことを考えていた。恋愛結婚が『普通』の結婚なんだろうか。"世間での普通=幸せ"は誰が決めたことなんだろうか。

4年前、今よりもっと「固定概念」という呪いが街を賑わせていたのだろう。そんな中で、『普通』って何?『当たり前』って誰が決めたの?と、シンプルに、かつ日本社会の確信をつくところを、「みんなちがってみんないい」と突き出すメッセージ。とても気持ちが良いものだった。当時私は、そんな逃げ恥からの、メッセージに救われたのだ。そうだよね!みんなちがってみんないいんだもんね!これまた、肩の荷が降りた気がした。

この逃げ恥という作品が、私だけでなく、日本に広まっている、「固定概念」ウイルスに対して、何かしらのダメージを与えたのは間違いないだろう。今で例えると、固定概念の密がソーシャルディスタンスしたというところだろうか。もっと、みんなが生きやすい社会になるといいな。

 

 

 

さて、ここまで3つの見出しのもと長々と書いてきた。ここまで読んでいるそこのあなた!お疲れ様です。よくこの文章をここまで読みましたね。10万円、心の中で支給しときます。ここまでで、すでに5000字強となっています。もう少し話します。頑張って。

 

上に書いたように、当時の私は、逃げ恥に大きく救われた。この文章は、過去の自分が書いた逃げ恥ノートを振り返りながら書いている。こう振り返ってみると、過去の自分は、自分自身に「呪い」というものを勝手にかけ、どうせ誰も私の味方なんかじゃない、と割り切っていたのだと思う。そんな私に逃げ恥は、手を差し伸べてくれた。光を与えてくれた。逃げ恥に出会っていなかったら、今頃私はどうなっていただろうか。Twitterを始めようと思った(SNSの世界へと手を出した)きっかけが、逃げ恥でもあるので、逃げ恥に出会っていなかったら、私はこんなにもツイ廃になっていないかもしれない。いや、なっているか。

 

正直、私が逃げ恥を好きな理由、ハマった理由はこれだけではない。全てを語ってたら、何文字になるだろうか。語り出したら止まるとこ知らずな人間なので、この勢いで月にまでいけそうである。

 

 

逃げ恥とは、どういったジャンルに当てはめられるのだろう。1話の予告で「社会派ラブコメ」とうたっていた気がする。確かに「社会派」なドラマであり、登場人物に優しく寄り添った「ラブコメ」だ。分かりやすいが、よしこれで、と納得していいものなのだろうか。もっと他に、逃げ恥を表す言い方が……と考えた結果、思いついたのがこれだ。

 

『日常』

 

わーお、そのまんまじゃん、と思われたかもしれないが、だってそうなんだもん。日常なんだもん。日常。逃げ恥が全11話を通して描いてきたものは、普段の何気ない、日常であり、生活だった。

 

平匡役、星野源さんが歌う、「日常」という曲がある。その歌詞の一部がこれだ。

理由などいらない

少しだけ大切なものがあれば それだけで

そして、主題歌「恋」の歌詞。

意味なんか ないさ暮らしがあるだけ

ただ腹を空かせて 君の元へ帰るんだ

 

日常って、生活って、続いていくもの。年月が経つにつれて、自分や周りの環境は大きく変化するだろうが、それでも日常は止まるところ知らず。

結婚の場合、好きな人と結ばれたら、お幸せに!めでたしめでたし!というわけには、いかない。2話で葵さんがみくりに言っていた「結婚は、始まってからが生活だから」という言葉、そのまま。意味などない。理由などない。ただただ『暮らし』というもこがそこにあるだけ。でも、その『暮らし』というものを続けていくには、どうすればいいのか?当たり前が変わっていく世の中、どう再構築していくべきなのか?

そんな、みくりと平匡の2人の間に存在する『日常』を、変に彩ることなく、描いていたのが、この逃げ恥がヒットした最大の要因なのではないかと、改めて。

契約結婚から始まり、恋人、ハグの日、、、、と再構築されてきた2人の関係性。妥協せずに真正面からもがく、みくりと平匡。その様子が、誠実で、いじらしくて、何より愛おしくて。だからこそ、こんなにも愛される作品になったのだろう。

 

 

 

『逃げるのは恥、だけど役に立つ』

 

「後ろ向きな選択でも、恥ずかしい逃げ方でも、生き抜くことの方が、何より大切」が基礎となっている物語。

でも、どうしても、何かしらの「呪い」がかかってきてしまう。誰もが、人には分からない、自分だけが重荷になっている呪いを抱えている。そう、普段の日常が呪いなのだ。

そんな「日常」という生き方から逃げることは、難しいのかもしれない。ときには、自分が不可となって、逃げられないときだってあるだろう。
だからこそ、ささやかな「生活」や、毎日の「暮らし」を、楽しむことはできないだろうか。幸せを見出すことはできないだろうか。

誰に何を言われようが、その幸せのために、逃げたっていいじゃないか。

 

大切なのは、生き抜くことなのだから。


誰かの決めた「自由」ではなく、ただ自分の思う「自由」を羽ばたかせれますように。

その中で、自分の大切な人と、明るくて楽しい「日常」を、できるだけたくさん過ごせますように。

 

 

そう、願いながら、今日の「日常」を生きていくしかないのである。どこまでもやってくる日常を、逃げながら、再構築しながら。

 

 

 

 

 

(以上。私の長ったらしい文章でした。ここまで読んでくださった方、お疲れ様です!そして制作陣の方々、再放送、本当にありがとうございます!)

オンラインペア学習とかいうこの世の地獄

オンラインワーク、オンライン会議、オンライン授業、オンライン収録、オンライン飲み会、オンラインドラマ、オンライン笑点、、、、、

何でもかんでもオンラインの時代がやってきましたね。リモート!ステイホーム!ソーシャルディスタンス!怪人「密です」を倒すべく、様々な必殺技が出てきました。ちょっと令和のスピードに追いつけなくなっているので、平成にジャンプしたい今日この頃でございます。

 

 

さてさてさて、最近、我が学校もオンライン授業を取り入れたんですねーー!これがさーーーー!オンライン授業ってちょー面白いの!

 

 

唐突だけど、第一問!『オンライン授業を始める前、「来週からZoom使って授業するから」と先生に言われた瞬間、私が感じた恐怖とはなんでしょうか?』制限時間は10秒です!よーく考えてくださいね!

 

正解は、、、『まって、背景となる自分の部屋、ポスターとうちわとアクスタしかない、まって』でした!!!!!!!!

これは結構簡単でしたかね。そんなグッズまみれの部屋で、推しと同棲してるもん!と言い切っている私は、初めてオンライン授業をした日、他の人の壁の白さに、本当に同じ世界に住む人類なのか?と思いましたとさ。

 

 

まだまだいくよ!第二問!『初めてオンライン授業をしたとき、私はあることに気づきました。そのあることとは、なんでしょうか?』制限時間は10秒です!よーく考えてくry

 

正解は、、、『あれ?Twitterしながら授業受けてもバレないな』でした!!!!!!!!
クソなので、授業している間にTwitter見ながら、あーーー本当だったら推しのライブ今週末かーーーーー!コロナめ!!!!」と、コロナ殺人計画を考えてました。早く収束してくれ。ちなみに私の実験結果によると、授業受けながら、Youtube見ても、テレビ見ても、あつ森してもバレません。

 

 

てなわけでね、「オンライン授業」というものを完全に手のひらに乗っけた私は、Twitterしながら録画した朝ドラを見ている合間に授業を受けるという必殺技を身に着けたんですよ。ハッハッハッ、ステイホームは楽しんだもの勝ちなんだよ。これで、怖いものは何もねぇ。先生が「ここ大事だからノートに書いといてー」って言ったけど、Twitter見てたからわかんねぇや。あとで真面目に受けているであろうアイちゃんに、ノートの写真送ってもらおー!

 

先生「では、今からペア学習してもらいまーす!」

私「なんて?」

先生「さっきの問題、ペアの人と答えを共有してねー!」

私「ちょ、」

先生「適当にペアは割り振られるから、違うクラスの人くるかもだけど、よろしくー!」

私「まって」

先生「なかなか友達と話す機会ないと思うから、これを機会に仲良くなってねー!」

私「オネガイダカラ ニホンゴ シャベッテ」

 

(画面切り替わる)

 

Aくん「聞こえますかー!よろしくね」

 

 

はい!ここで最終問題!『このときの私の心情とは?』

 

解答は、コメント欄やリプ欄に送ってネ!ヒントは、『ペアになった相手は「完全初対面」「他クラス」「男子」の、人見知り死亡条件三種の神器!』だよ!

 

 

 

もう一生オンライン授業したくない。

世界一愛していたテレビがなくなって1ヶ月が経った

世界一愛していた、私の「カ♡レ♡シ♡」ことテレビがなくなって1ヶ月が経ちました。タイトル見て何のことだ?と思った人はこちらの連ツイをご覧ください。

 

twitter.com

 

長いよね。わかる。まとめると「バリ昭和スポーツ魂思考父が、楽しく生きようぜうぇい令和思考娘の考えに呆れてテレビを消し去った」ということですね。これだけ読むと、あんたの父ちゃん、、、、マジかよ、、、って感じですが、私も常日頃「父上、マジかよwwwwww」って思っているので安心してください。これでも私を育ててくれた父親なので、さすがに慣れました。

テレビが恋人だと言い張って数年。そんな私からテレビが消えて1ヶ月。今の私の心境を140字で答えなさい。という問題に答えてくださる暇な人は、適当にリプなりコメントください。採点します。

 

はい、そんなことはどうでもよく。ここ1ヶ月の私の心境ドーーーーーン!

 

父親という権力によって奪われた愛用テレビ(もともとは父が野球観戦用に使っていたのだが、6年前くらいから私がテレビドラマに夢中になり始めてからというもの、完全にドラマ用になったもの)(そうです、もともと私が父が使ってたテレビ奪った)(まあリビングにデカいテレビがあるので、それで野球見てたから何も言われなかったよそのときは)は、今どうなってるかと言うと、寝室に移動されています。そうなんですよ。生きてるんです。私の恋人(テレビ)は生きているんです。打首になる瞬間に、なんかよく分からんが命乞いしたって感じですね。ギリギリでいつも生きてるテレビ、なんだろう、亀梨かな。

まあギリギリで生きてるって言っても、置かれた場所が寝室なんですよね。寝室はリビングを通らないとたどり着けない間取りになっているので、こっそり寝室に侵入するとかしたら、バレて即死。そして、父上は寝室でテレビを見ればいいものを、リビングで見る。な!!!!!!ん!!!!!!で!!!!!!いやマジでなんで。リビングで、毎晩報道ステーション見るのやめて?報ステのOP結構好きなのに、父上のせいで嫌いになってんだけど。

 

という状態がここ1ヶ月続いていまして。そろそろ、報ステのOPを父上恨みソングに変えたいところです。今はコロナの影響で、再放送ドラマがほとんどなので、リアタイせずに録画で我慢していますが、この先、新ドラマが始まったらどうなることやら。ドラマをリアタイすることに焦点を置いて、今まで生きてきたので(クソ)、そろそろ自ら爆発して、我が家を破壊しそうですね。

 

そういえば先日、父上に「テレビなくても、ずっと部屋に引きこもってるんだから大丈夫じゃん」ってすれ違いざまに言われて、(お前これ以上喋ったら殺すぞ)という、ヤクザ映画のヤクザみたいなこと思いました。テレビがなくても大丈夫?はぁ????昨日だって、天使にラブソングを見たかったし!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

そろそろ悟りをひらきそうです。コイツ悟りひらいたな、的なツイートをし始めたら察してください。よろしくお願いいたします。